待遇・年収を落とさず、ベンチャー企業から大手企業へ30代転職できた

不動産業界でコンサルティング業を主とするマザーズ上場会社で、マネージャーという役割で法務職から、金融業界でクレジットカード業を主とする大手通信会社子会社の法務職に30代で転職しました。
業界は変われど、法務から法務という同業種への30代転職なので役割は変わらず、業務を抽象的に表現すれば、企業の価値の最大化を図るためにコンプライアンス遵守体制の構築、維持、改善を行い、具体的には契約書の作成、レビューといった契約法務、裁判、紛争解決対応といった臨床法務、知的財産権の活用やM&Aといった戦略法務を遂行しています。

30代で転職を考えた一番の契機は「結婚」です。当時(転職前)の会社は、ベンチャー企業で、役職や役割には恵まれていたのですが、その分休みも少なく、その割りに給与水準も高くない、また企業の将来性も安定しないといった状態でした。結婚する前は、このような状態もあまり気にはならなかったのですが(給与水準が低いことは気にしてましたが。)、結婚したことで、より会社の安定性や将来性を重視するようになり、そのような条件を満たす会社に就業しよう(30代でも転職しよう)と考えるようになりました。そのときには役に立ちました。

30代ともなると、ある程度社会人経験も積んでいるので、それに伴うビジネススキルもなければならず、採用する企業側(以下「求人側」)も、相当のビジネススキルを要求してきます。よって、20代のように勢いやキャラクターだけでは厳しく、それなりの実績とそれに裏づけされたスキルを求人側に対して、客観的に表現しなければなりません。これらを上手く表現することができれば、より満足、納得のいく30代転職ができるのではないかと考えます。