転職は人脈、ツテも重要で求人欄にない求人を探せる

五年程アパレルの販売員をしていた経験から人脈の重要さを痛感したお話です。ですが30歳になり、ほぼ立ち仕事で体力勝負なところ、周りは20代しか居ないこと、最終的に立ち仕事で腰を痛めてしまったことがきっかけとなり、30代で転職をしようと思いました。

腰痛持ちのため、デスクワークで事務系の仕事は興味がありましたが、ずっとアパレル業界に居たため他の職種に就くことはかなり迷いましたが、過去に通信教育で取った医療事務の資格を活かして病院の受付事務に30代転職しました。

残業があまりない医療事務は、昔から人気が安定しているのか、求人誌を片っ端からみて電話をしても、どれももう募集が終了していたり絶望的になっていました。そのとき知人に薬剤師がいたため相談をしたところ、あそこはまだ募集してたはず、と二件教えてくれました。どちらも求人誌には載せていないところでしたがまず電話して、ひとつはもう他に採用が決まっていたらしく駄目でしたが、もうひとつの病院で面接後、すぐに採用となり勤務しています。

30代の転職で重視したことは、30代になると20代の頃よりかなり体力が落ちるし腰痛持ちだったので、デスクワークを重視しました。面接は、受けた動機を明確にすることと、自分を大きくみせないこと。30代で転職しようと思ったら、常にアンテナを張って情報を収集してすぐにでも行動することが個人的には大事だと思います。

かといって急ぎ過ぎるとブラックな会社を選んでしまうこともある危険性があるので慎重に迅速に行動するのみ、です。例えば待遇面なら有給休暇取得が容易であること、ちゃんと労働組合が機能していることなどもチェックしたいですね。次のページもご参考に。
http://www.musingsinred.com