30代転職は人脈、ツテも重要で求人欄にない求人を探せる

五年程アパレルの販売員をしていました。ですが30歳になり、ほぼ立ち仕事で体力勝負なところ、周りは20代しか居ないこと、最終的に立ち仕事で腰を痛めてしまったことがきっかけとなり、30代で転職をしようと思いました。
腰痛持ちのため、デスクワークで事務系の仕事は興味がありましたが、ずっとアパレル業界に居たため他の職種に就くことはかなり迷いましたが、過去に通信教育で取った医療事務の資格を活かして病院の受付事務に30代転職しました。

残業があまりない医療事務は、昔から人気が安定しているのか、求人誌を片っ端からみて電話をしても、どれももう募集が終了していたり絶望的になっていました。そのとき知人に薬剤師がいたため相談をしたところ、あそこはまだ募集してたはず、と二件教えてくれました。どちらも求人誌には載せていないところでしたがまず電話して、ひとつはもう他に採用が決まっていたらしく駄目でしたが、もうひとつの病院で面接後、すぐに採用となり勤務しています。

30代の転職で重視したことは、30代になると20代の頃よりかなり体力が落ちるし腰痛持ちだったので、デスクワークを重視しました。面接は、受けた動機を明確にすることと、自分を大きくみせないこと。30代で転職しようと思ったら、常にアンテナを張って情報を収集してすぐにでも行動することが個人的には大事だと思います。かといって急ぎ過ぎるとブラックな会社を選んでしまうこともある危険性があるので慎重に迅速に行動するのみ、です。

参考:40代転職未経験ノウハウ | 初めての転職でも安心
http://www.animusconservation.org

待遇・年収を落とさず、ベンチャー企業から大手企業へ30代転職できた

不動産業界でコンサルティング業を主とするマザーズ上場会社で、マネージャーという役割で法務職から、金融業界でクレジットカード業を主とする大手通信会社子会社の法務職に30代で転職しました。
業界は変われど、法務から法務という同業種への30代転職なので役割は変わらず、業務を抽象的に表現すれば、企業の価値の最大化を図るためにコンプライアンス遵守体制の構築、維持、改善を行い、具体的には契約書の作成、レビューといった契約法務、裁判、紛争解決対応といった臨床法務、知的財産権の活用やM&Aといった戦略法務を遂行しています。

30代で転職を考えた一番の契機は「結婚」です。当時(転職前)の会社は、ベンチャー企業で、役職や役割には恵まれていたのですが、その分休みも少なく、その割りに給与水準も高くない、また企業の将来性も安定しないといった状態でした。結婚する前は、このような状態もあまり気にはならなかったのですが(給与水準が低いことは気にしてましたが。)、結婚したことで、より会社の安定性や将来性を重視するようになり、そのような条件を満たす会社に就業しよう(30代でも転職しよう)と考えるようになりました。そのときには役に立ちました。

30代ともなると、ある程度社会人経験も積んでいるので、それに伴うビジネススキルもなければならず、採用する企業側(以下「求人側」)も、相当のビジネススキルを要求してきます。よって、20代のように勢いやキャラクターだけでは厳しく、それなりの実績とそれに裏づけされたスキルを求人側に対して、客観的に表現しなければなりません。これらを上手く表現することができれば、より満足、納得のいく30代転職ができるのではないかと考えます。

地方公務員(町役場正職員)から書店員へ30代転職、でも充実!

地方公務員時代は上下水道に関する業務、住民票に関する業務に従事しました。けど30代で転職したんです。

具体的には、予算書・決算書の作成、工事の発注、水道の開栓、漏水の修繕など、住民票謄本・抄本の発行、戸籍謄本・抄本の発行、届書の受付、パスポートの申請受付、年金に関する申請の受付、書店員としては、荷ほどき、検品作業、担当書籍の整理・返品・発注等の裏の仕事と、レジ業務を主に担当しています。

自分にとって何が大切なのか、何をしていたら楽しいのか、を考えるところから始めるのが30代の転職だと思います。

考えていた期間は3ヶ月程度です。そのために、世の中の仕事が網羅的に載っている本を購入して、少しでも興味がある、やりたいと思える仕事に付箋をはるところから始めました。何度も読み返していると、いくつかの仕事にしぼられてくるので、次はそれらの職業に関するもう少しつっこんだ本を買ったり、ネットで調べたりしてより詳しい情報を得るようにしました。そうしていくと、自然に調べていて楽しいと思える仕事、自分が働いている様子がイメージできる仕事が限られていきます。働きたい仕事が決まったら、就活サイトでフリーワード検索をかけました。

自分が30代転職で重視したことは、「楽しいことしかやらない」ということでした。給与額は当然気になるところですが、いくら給与が良くても、長続きしなければ意味がないし、中身に興味が出ない仕事であれば仕事の時間が苦痛で仕方がないと思います。給与額が高いほうがいいに決まっていますが、給与額が高い仕事はもちろんキツい仕事が多く、ストレスをためやすく、ストレスがたまると無駄な散財をしてしまいがちなことを考えると、給与額にこだわらずに自分の本当にやりたいことをやるほうがストレスからも解放されて節約でき健康的に生きられるのではないかと思います。給与額が下がってもそれを認めてくれる周囲には感謝を伝えることが大切です。

30代で転職?正社員よりどうせなら独立の道へ、年収アップも期待できる

30代転職と言っていいのかどうか、イタリアンレストランで独立しました。前職もイタリアンレストランだったのですが、社長が掛け持ちして経営していた会社の業績不振の煽りを受け我々の会社も倒産してしまったのです。その為急遽身の振りを考えなければならず、違う会社に30代転職するか独立するか迷いました。飲食業で店を持つのは20代からの夢でしたし、調理技術や店舗経営に十分な自信を持つためにもう少しだけ経験を積みたかったのですが、どうせ近い将来辞めると決めている転職をするくらいならと、思い切って独立することに決めました。

会社が倒産すると決まってから、前にお世話になった方から何件かお店に来ないかとお声がけがありました。結果的に独立する道を選びましたが、他会社に30代転職すると決めていたら、お声がけいただいた会社のいづれかに転職していたと思います。独立すると決めたので、30代で転職活動というか不動産を回って物件探しから始めました。物件が決まると内装工事の打ち合わせや什器備品仕入れ先開拓など、開店準備に関わるすべての作業を半年ほど時間をかけて行いました。

もしお声がけいただいた会社に30代転職していたとしたら、待遇面が主ではなくそのレストランで提供するメニューが好きかどうかなど、仕事の内容で転職先を決めていたと思います。30代で独立して店舗オーナーになって一番苦労したのは、言葉は悪いですがいろんな人が舐めてかかってきた事です。私が女性だという事や性格的な部分に起因する事も多いのでしょうが、店舗の大家や内装工事の会社、取引先の担当者も私よりはるかに年上の方が多かったりして、値段交渉も強気で来られることが多くてやりにくかったです。

職人から管理職へステップアップ30代転職

以前は、日本食(懐石料理)の調理師をしておりました。厨房内だけの仕事でした。今の仕事は、同じ飲食関係での転職では有りますが、完全なる職人(発注・仕込みから調理)としての職では無く、かんたんな定食を出す様な飲食店に店長候補として30代転職しました。勿論、仕込みや簡単な調理もありますが、以前では行なっていなかったホールでの接客やシフト回しなどの仕事も行なっております。
手に職は持っているため、今後の自分の為にも調理以外のマネジメントを勉強するために今の仕事を選びました。

転職期間は約1ヶ月でした。前職在籍中に、大手の30代転職サイトを利用し、自分の条件に合う会社を3件受けさせていただきました。30代転職サイト上で、募集のかかっている案件に応募し、履歴書・職務経歴書を送り、書類選考で合格した後、直接本社にお伺いし、担当者様と面接と言う流れでした。
1社様は、面接1で合格。1社様は、2回の面接(2回目は辞退しました)。そしてもう1社は、面接3回有りました。

他にも、前職の上司に2社(両方とも和食職人としての仕事)ほど紹介され面接も受けましたが【紹介】と言うこともあり、もし辞めなければいけない時の事を考えると、上司の顔に泥を塗る様なことはできないと思い、断らせていただきました。

30代と言うこともあり、即戦力以外での需要があるのか?と言う不安は大変有りました。今までの職場(職人の世界)の雰囲気を知っているため、上にも意見できたり・ピリピリしていない環境、仕事を楽しめる様な環境を重視しました。面接では、現場での実地・社長面談などもあり、店の雰囲気や社長の考えも直接お聞きすることができました。面接時には、いろいろ共感できるところがあったため30代で転職先に決めましたが、入ってから分かることも沢山有り、本音としてはやはり30代転職しなければ良かったのかな?とも、感じております。1ヶ月とは決めず、もっとじっくりと検索するべきだったかもしれません。